right2.gif (261 バイト)イイ仕事してます! VOL.1   2004.03.23

File 039   

エボシ375の隠れた凄技とは?

エボシ375に乗り換えて早3ヶ月。浮く度にこのボートの良さをひしひしと感じずにはいられません。その魅力的な点とは?

代表点
1.安心の二重底
2.船内にたち込んだ水を自動排水
3.流し釣りに効果絶大、深いバウキール
4.広々としたデッキ
5.大漁でも安心、大きなイケス
他にもてんこ盛り!

詳細は夢風船のHPをご覧いただければその良さと特徴はきっと頷けると思います。

ですが、それ以外にもまだまだこのボートには隠された良さである凄技が潜んでおり、それを敢えてPRしていないところがまた辻堂加工の社長さんのさりげないカッコ良さです。それはきっと長年ボート、ヨットを手掛けている氏からすれば「当然」の仕事だからと受け止めているからなのでしょう・・。でもおいらとしてはこの「イイ仕事」を皆さんにご紹介しないワケにはいきません。

これはバウデッキにハッチを取り付けるため直径14cmほどに丸くカットしたFRPの裏側です。厚さは3mmあり、非常に固い仕上がりに驚かされました。

これは拡大した画像です。裏面とは思えないほどとても綺麗でしょ!!そしてその固い秘密はマットとクロスの3層構造とこの蜂の巣のような六角状のクロス。なかなかミニボートでお目に掛かることがない形状だと思います。さすがイイ仕事していますなぁ、見えない部分もしっかりやってるっていう感じです。
次にバウデッキの穴を開けたところから二重底と言われる下部を覗いてみたところ、なんと単なる空気層ではなく所狭しと発泡スチロールがぎっしりと詰まっていたではありませんか!つまり、もしも座礁等でボトムに穴が開き空気層が浸水してしまったとしても、まだ”浮かぶ”ということなのです。万が一の万が一。つまり億が一!?という危機に遭遇したとしてもそれを見込んだ安全性をカバーしていたのです。そんな安心感もこのボートには詰め込んであったのですね。

穴をひとつ開けただけで「社長ありがとう!」と合掌してしまうほどの出来映えに素直に感動してしまいました。次はどんな隠された「イイ仕事」をされているのか探すのが楽しみです(別にボートを解体するというワケではありませんょ。笑)

btn_138.gif (3058 バイト) btn_142.gif (3080 バイト)